FC2ブログ
2020 / 07
≪ 2020 / 06 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2020 / 08 ≫

こんにちは
フロント5姉弟 長女のあっこです



この度9月2日、当ホテル社長 上野に同行して
宮城県の南三陸に行って参りました。

そして、皆さんに折って頂いた千羽鶴をお渡ししてきました。




今回、鶴をお届けしたのは、南三陸にある ホテル観洋さん




上野より、ホテル観洋 女将の阿部様へ
IMG_2593.jpg





ホテルを入ると、まず目に飛び込んでくるのが
このオーシャンビュー
IMG_2560.jpg




まさか、この穏やかな海で、あの大津波が起きたとは信じがたいです。



広いロビーを歩いていると、復興に向けての取り組みや
寄せられた応援メッセージがたくさん見られました。
IMG_5142.jpg




とても綺麗なこのホテルも、実は一部津波により被害を受けています。


女将の阿部様から、震災が起きた日のこと、
そして復興へ向けての現在の取り組み内容等を
たくさん聴かせていただきました。




現在、ホテル観洋さんが震災を風化させない為に行っているのが
語り部(かたりべ)バス」。

スタッフさん自らが前に立ち、細やかな説明をしながら町を案内してくださいます。
IMG_2604.jpg



震災から4年半が経った今、町ではがれきこそ見られませんが、
元々家があったところがさら地になっていたり、
IMG_2600.jpg



鉄骨がむき出しになっていたりと
minamisannnriku.jpg



生々しい箇所も多く見られます。
まだまだ元の町並みに戻るのには時間がかかりそうです。






また、震災後に作成されたという、こちらの「南三陸てん店(てん)まっぷ」。
IMG_5224.jpg


震災でお店が流されてしまってからは、地元の方同士が
お互いの安否すら分からない状況が続き、また、
元あった場所から移動しているため、ほとんど周りから
気付いてもらえないという日々が続いていたようです。

それが、このてん店まっぷによって、一人ひとりにスポットが当てられ、
マップが連絡網のような役割をし、お互いに無事を確認できたそうです。

たくさんのストーリーが詰まったこのマップは、フロントでも、語り部バスでも
もらうことができます。

IMG_5225.jpg





一見、辺りを見回すと、随分復興が進んだようにも見えますが、
未だ周りにスーパーは一件もありません。
食材を調達するには、近くにあるコンビニだけ。

それが現状だそうです。


私たちに出来ることは、風化させないこと。


今回、自分が感じたことや見たり聞いたりしたことを周りに伝え、
また、何年かに一度でもこの被災地を訪れたいと思います。


ホテル観洋 女将の阿部様、そしてスタッフの皆様、
この度は本当にありがとうございました


また、ホテル観洋さんのブログでも、鶴をお届けした日のことを
書いてくださっていますので、是非そちらも併せてご覧くださいませ。

ブログはコチラ


この記事へコメントする















岡山ビューホテル

Author:岡山ビューホテル
OKAYAMA VIEW HOTEL



〒700-0821

岡山県岡山市北区中山下1-11-17

Tel 086-224-2000

Fax 086-223-2750

Emailinfo@okaview.jp




和洋旬彩だいにんぐ五感
 
Tel 086-224-4411



【岡山市にあるホテル】

素足でゴロゴロ、日本人の心をくすぐるオシャレなお部屋に改装中♪