fc2ブログ
2024 / 04
≪ 2024 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2024 / 05 ≫

20231212-00000022-nkgendai-000-1-view.jpg



皆さま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。

当ホテルも無事に昨日仕事納めをしてホテルを明日1/2まで休館日にさせていただいております。
今頃スタッフは大切な家族とお正月を過ごしていると思います。
「心通う岡山のマイホーム」実現のためにはスタッフにも正月くらいは家族で過ごしてもらいたいので、
毎年恒例でございます。

さて、前置きが長くなりましたが、2023年の漢字が「税」になりました。
理由としては
生活に直結する増税や減税の動向が注目されたこと、
インボイス制度やふるさと納税なども注目されたこと

のようです。

「税」は2014年の消費税増税がなされた年にも選ばれており、
個人的にはあまりしっくりきていません。
来年はもっといい漢字が選ばれるといいですね。

スタッフにも今年の漢字とその理由を聴いてみました。

・スタッフI  「結」 推しの名前でもあり、推し活でいろんな縁が結ばれたから
・スタッフM 「動」 子どもの引っ越しなどもあり自分もよく動いたから


など個性的な漢字を選んでくれました。

私の漢字は「浮」でした。
コロナ規制緩和によりホテルにはたくさんのお客様がお越しくださり、浮き浮き気分ではありましたが、
なかなかやりたいことが実行できず宙に浮いてしまいました。
良いことと、良くないこといろいろあった年でした。

今年は良い年になるようにスタッフ一同頑張ってまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

img_3f8b4fce62226f6ec2371c0edddc879219138.jpg

みなさん、こんにちは。社長の上野です。
今日も誰もいない会社でこのブログを書いています。

昨日は初日の出をご覧になりましたか?
私は疲れがたまっていたのか、寝過ごして見ることができませんでした💦

最近、VUCA(ブーカ)の時代という言葉をよく耳にします。
この言葉は、1990年代の東西冷戦が終結して戦略不透明な時期に使っていた戦争用語で最近はビジネスの世界でも使われるようになりました。

Volatility(変動性)
Uncertainly(不確実性)
Complexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性)


の頭文字から取った言葉です。
コロナ禍や台風、地震などの自然災害、AIなどの急速な科学技術の進化、
混とんとした国際情勢などまさに先が見通せない時代になっています。

我社でも計画や目標を立ててもなかなか思い通りにいかずに、もどかしい思いをしたことも多々あります。
こんな時だからこそ、私が大切にしたい考え方が「何のために」という考え方です。

何のためにそれをするのか、
何のために会社があるのか、
何のために自分は生きているのか、


こういうことを考えることは大切だと思っています。
思いの根っこを見つめ、それを再確認することがこの「VUCAの時代」には必要な気がしてなりません。

パーパス経営という言葉も最近よく言われています。

自社は何のために存在しているのか?

これを今一度考えることが大切だと思います。

当社も自社のパーパスを考察して

「世界をつなぎ、誰もが活躍できる岡山のために」

というパーパスを再設定しました。

我社が大切にしている価値観「思いやり」を世界標準語として
誰一人取り残されない社会の実現を目指して
生まれ育った岡山から発信していきたいと思っています。

『ああ、答えがある問いばかりを教わってきたよ そのせいだろうか
 僕たちが知りたかったのは
 いつも正解などまだ銀河にもない(中略)
 なに一つ見えない僕らの未来だから 
 答えがすでにある問いなんかに
 用などはない』  RADWIMPS「正解」より  
 

明日からはホテルも再開しますので、どうぞよろしくお願いします。

2022年の漢字

新年あけましておめでとうございます。
いつもあたたかい目でスタッフブログを読んで下さりありがとうございます。
社長の上野です。
昨年は10月以降、全国旅行支援のために急激に忙しくなったため、なかなかブログを更新することができず申し訳ありませんでした。
今年は毎日更新できるように頑張ります。

2023年のお正月、例年通り誰もいない職場から私上野がブログを書かせていただきます。
当ホテルはお正月は家族で過ごしてもらうために年末年始を休館日とさせていただいております。
私は館内のメンテナンスやチェックのために出社しておりますが。。。。

さて、毎年お正月はこの話題を書かせていただいておりますが、
2022年を表す漢字が「戦」という字になりました。
ロシアのウクライナ侵攻やサッカーワールドカップの激戦などが選考理由のようですね。
個人的にはあまりいい漢字ではないので、今年こそはもっと前向きな漢字になるといいなと思っています。


私の昨年の漢字は「波」です。

年明け早々に、コロナウイルス感染増加の第6波による「まん延防止重点措置(まん防)による時短要請による時短要請が出されて我慢の毎日が続きました。夏休み頃には第7、年末ごろには第8と波が押し寄せてきました。
また、冒頭でも書きましたが、10月から全国旅行支援策が開始され、今まで我慢していた旅行が一気に噴出して、ありがたいことに急激にお客様が増えました。
まさにジェットコースターのような毎日だったので、この漢字にしました。

スタッフにも自身の漢字を聴いてみました。
スタッフK  「心」 ワクワク、ドキドキしたりよく感情が動いた1年だったから
スタッフM  「動」 仕事を変わり新しく挑むことが多かった1年だから
スタッフH  「開」 やっと海外旅行が開始されたから
スタッフH  「家」 ステイホームで家での晩酌が増えたから
スタッフK  「縁」 いろんな人から連絡を頂いたり、逢いに来てくれて縁を感じたから

それぞれ個性的な漢字を発表してくれました。
激動の1年を前向きに捉えて仕事を頑張ってくれているスタッフには感謝の気持ちしかありません。

今年1年はどんな年になるか今から楽しみです♪
今年もスタッフ共々どうぞよろしくお願いします。






桃太郎像


みなさん、こんにちは。
社長の上野です。


今日もスタッフはお休みのために一人で仕事をしています。
ひとりで仕事をしていると仕事ははかどるのですが、
お客様もいない、スタッフも誰もいないと活気がないのでなぜか元気が出ません。
リモートワークで会社に出社できない人も増えましたが、同じような気持ちの人もいるのかな~と思っています。

さて、コロナ禍で、昨年は観光業は大きな打撃を受けました。
ステイホーム、不要不急の外出自粛、飲食店などの休業時短要請などなど、
私たち宿泊業も観光業ですから少なからず影響を受けました。
感染者拡大防止のためにはやむを得ないことです。

みなさん、「観光」という言葉の意味をご存知ですか?
観光という言葉が生まれたのは、一説では
中国の易経にある「国の光を観る、もって王に賓たるに利し」という一文から
だと言われています。

つまり、観光の「光」とは、「その土地の素晴らしいところ(特色・魅力)」を指し、観光とは「その土地ならではの魅力を見つけに行くこと」という意味になります。

後楽園


そうなんです。その土地の素晴らしい所を見つけに行くのです。
しかしながら、コロナによって「観光=悪」というようなイメージになっていることが残念でなりません。
今の世の中、相手の弱点や劣っているところを責めたり、
自分と違う考えや容姿の人を攻撃したり、
何だかギスギスしているような気がしています。

こんな時代だからこそ、是非とも観光してもらって
その土地やその土地の人、旅行へ一緒に行く大切な人の良い所を見つけに行ってほしいと思うのです。
何が起こるかわからない予測不能な時代だからこそ、その先の「光」を見るように心がけたいものです。
私たちの仕事観光業は、これからの時代において重要な意味を持つと思っています。
日本の観光業の市場規模は40兆円を超えており、自動車産業に匹敵するほど日本にとっては重要な産業です。

今年は感染対策をしっかりしながら、観光してまわりのいい所を見るように心がけていきましょう。
そして観光業復活ともに心豊かな社会になることを願ってやみません。
私も当社も今年は精一杯努力してゆきたいと思っています。


明日からはスタッフが出社して、ホテルも再開します。
やっぱり、みんなと一緒がいいなと思う今日でした。
明日からは、スタッフが頑張ってブログを書きますので、また温かい目で読んでやってくださいね。


2021年の漢字


みなさま、新年あけましておめでとうございます。
社長の上野です。
いつも岡山ビューホテルのスタッフが書いているブログを温かい目で読んでくださり、ありがとうございます。
昨日からホテルは休館しており、今日と明日はスタッフの代わりに私がブログを書かせていただきますので、お付き合いください。

一昨年来よりコロナ禍の続く年でしたが、何とか年を越すことができました。
みなさまのご支援があってこそと心から感謝申し上げます。

昨年2021年は私が社長に就任してちょうど10年目の節目の年でした。
10年前の2011年は東日本大震災が起こり、多難の船出だったことを記憶しています。
10年後の2021年も本当にいろんなことがありすぎて、あっという間に過ぎた感じがしています。
なかなか振り返るのに時間がかかりそうです笑

さてさて、2021年の漢字が「金」という字に決まったのを覚えていますでしょうか?
オリンピックが開催された年は必ずこの漢字になりますね。
昨年の「密」よりは前向きの言葉ですから、まあよしとしましょう。

また毎年、当社でも自分自身の2021年の漢字をスタッフに聞いています。

スタッフO   「初」 初めて社会人として初めてのことをたくさん経験できたから
スタッフH   「海」 来年こそは海外旅行へ行きたいから
スタッフF   「考」 いろんな企画や取り組みを考える機会が多かったから
スタッフI    「推」 いろいろな分野で推しが増えたから
スタッフM   「挑」 いろんなことに挑戦できた年だったから


スタッフによって様々な個性的な漢字がでてきました。
1年間を振り返ってシンプルに漢字一文字で総括できる「要約力」の訓練にはいいですね。

ちなみに私の2021年の漢字は「教」です。
大学の非常勤講師として教える立場にもなりましたし、
SDGsのアカデミーに参加していろいろ教えてもらったし、
コロナによっていろんなことを教えてもらった年でした。

今年は教えてもらったことを活かしてできるだけ形にしていきたいと考えていますので、
変らぬご指導をよろしくお願いします。

岡山ビューホテル

Author:岡山ビューホテル
OKAYAMA VIEW HOTEL



〒700-0821

岡山県岡山市北区中山下1-11-17

Tel 086-224-2000

Fax 086-223-2750

Emailinfo@okaview.jp




和洋旬彩だいにんぐ五感
 
Tel 086-224-4411



【岡山市にあるホテル】

素足でゴロゴロ、日本人の心をくすぐるオシャレなお部屋に改装中♪